メニュー

事業内容

ランドセル企画開発・販売・6年間アフターサポート事業、企画開発事業、社会貢献事業「子ども思いの森プロジェクト」を展開しています。

ランドセル企画開発・販売・
6年間アフターサポート事業

池田屋のランドセル事業は、販売することだけに留まりません。「子ども思い」というコンセプトを基に自社企画で商品開発をしています。丈夫な素材を求めて日本国内のみならず、海外の工場にも足を運び、使いやすい部品を求めて、既製品ではなく、納得のいく部品を自ら開発しています。
さらに、縫製技術にこだわり、国内の職人と共に品質の追求をすることで、日本の文化であるランドセルの継承、発展を願っています。こうして出来上がった「子ども思い」のランドセルは、弊社の専門知識を持ったスタッフにより販売され、お子様の小学校生活が輝くものになるようにお手伝いします。また、ランドセルという商品の特性上、6年間のアフターサポートは欠かせません。池田屋では、お客様に安心して使っていただけるよう、「6年間完全無料修理保障」というサービスを確立しました。アフターサポート事業は、「売りっぱなし」「買いっぱなし」ではなく、販売後のメンテナンス、修理等により「お客様とつながる」事業です。

企画開発事業

「あなたの想いを、私たちの思いで」をテーマに、自社ブランド商品の企画開発、ブランド価値の創造を行う事業です。1950年の創業以来、販売店でありながらメーカーとしても歩んできました。お客様と直接会話し、仕入れ販売をする小売店の仕事。企画・提案し、物を作るメーカーの仕事。組み立てる、修理する職人の仕事。この三つの仕事を通じて、お客様と接した経験、情報を、ものづくりに活かし、どこにもない、どこよりも優れた商品を提供するということを信条としています。

社会貢献事業「子ども思いの森プロジェクト」

今、子どもたちのために、私たちができること。
「子ども思いの森」は長年のランドセル事業で育まれた「子ども思い」の精神をもっと広く、もっと多くの人に伝えたいという思いから始まった池田屋の社会貢献事業です。当事業では市民団体やNPO法人、ファシリテーターたちと協働して、未来を担う子どもたちに必要な「生きる力」づくりをアクティブに、クリエイティブにサポートします。

子どもたちに必要な「生きる力」を育む取り組みとして、

上記3つのプロジェクトを展開して、
子どもたちの多様な可能性と「生きる力」を大切にする地域社会づくりに貢献します。そして、地域社会、市民、池田屋の新たな関係づくりを目指します。

池田屋組織図「笑顔の樹」

池田屋の組織は「笑顔の樹」で表しています。

笑顔には自分を含む周りの人たちを幸せにする力があります。
知的創造、企画開発、社会貢献、皆様とのコミュニケーション。
真摯に物事に取り組みむことで生まれる心からの笑顔を大切にします。

樹のデザインには、様々な栄養を吸収することで、
大地にしっかり根を張り、幹を太くし、葉を豊かに茂らせ、
堅実に健全に成長し、世の中の役に立つ企業を目指す、
という思いが込められています。

池田屋組織図笑顔の樹